愛国心は何処に在る?

うちの近所にあるパン屋さんは、国産の小麦と塩を使ってパンを作ってます。
最近は、国産の米粉を使ったりもしてます。

某大手メーカーの和菓子には、安い輸入原料がたっぷり使われてるとか。

「郷土を愛する」と言うと、聞こえが良いけど、部落社会のしきたりに拘るってこと。

愛国心と言うものが何処に在るのか誰か確認したんでしょうか?

心と身体

人の心がどこに在るのか定まっていないこの世で、
妄想と真実の心を誰がどの様に見分けるのか?
真実の心は、自分が何故その様な身体に生まれたのか考えないのか?
自分の欲望のみを実現しようとする行為は、真実の心から来るのか?
なんで結局見た目なの?

やっつけ仕事

「出典:地球」
これでなんでもOK!

解説委員:海神明
「こう言うのは出典とは言わないんですよ」
ゲストコメンテーター:コマ太郎
「そうですね〜、釣りサイトがよくやる手口です」
「近頃は、一般の情報サイトでもこう言う粗末な表現を見かけますね」
海神明
「動機が不純だと、粗末な仕上がりになるのは、趣味も仕事も同じですね」

iOSアプリのテスト投稿

今ひとつ使い辛いiOSアプリ、アップデートでどうなったでしょうか?

ブラウザーから利用したほうが良い、と言う結果になりました。
アンドロイドにしても、不具合が多くて使える場面は限定的。
スマホからでもブラウザーのほうが良いです。

同じ土俵の右と左:差別の本質

排除する事だけが差別ではありません。
対象になる物事を括って、持ち上げたり特別扱いするのも同じ事。

「〇〇を差別」と言いますが、
差別する方は、対象を探してそれを差別するもの、
世間的に非難されづらいと尚の事。

差別と言う行為のエネルギー消費量はいったい如何程のものか??

危険だけど自由なこと

大酒を飲む
餅を食べる
冬山登山をする
バンジージャンプをする
スカイダイビングをする
LINEをする

割りと安全なのに禁止
大麻…。

スマホ販売が不振と言うけれど

そもそもの原因は、大手通信キャリアのぼったくり!
総務省のタスクフォース、スマホ割引規制のせいではありません。
機種交換の度に契約をし直す、一見安く見えるが、結局満額請求の段階定額制、以前の携帯時代に、契約を解除すると、デジカメ・オーディオプレーヤーなどハードウェアとして使えなくなる、何て事が異常!
実質ゼロ円などと言っても、実際には月賦でしっかり払ってるんだから、自分の持ち物です。
現在の、SIMフリー端末を買って、カードを差し換えれば契約を継続できるのが正常でまともな商売ですよ。
学割プランも随分と不公正な話ですな!
同じシステムを使うんだから、学生でもご老体でも同じ金額で在るべき、本当はもっと安く出来るってこと。

昔:安物買いの銭失い!
(今でも在るが…)
今:高規格買いの銭失い!
(ハイレゾ、8Kテレビ、他)

楽になる甘い言葉にご注意

落ちている方ほど甘く感じる、楽になる方を進める言葉。
一時気分が良くなるけど、依存症になると順次補給したくなる。
結果、全体像は置いといて、気持ち良くなる一言を探すようになる。
性格リフォームなどと言ってみても、家のリフォームに例えるなら、工事のスケッチを見せるばかりで実際に工事はしないので、性格はちっとも変わりはしない。(なんちゃらドリンク然り…)
本を読んでもセミナーに参加しても、結局は本人の自発的行動がないと何ともなりません。
舗装された平らな道と山に向かう獣道、どちらを行くかは自由です。
しかしながら、自分が楽になるからといって、そのウェブサイト・記事をシェアするのは、趣味の押し売りです!

今年の感じ

釣りや偽ニュースで一儲け。
SNSなどで気軽にシェアすると、片棒を担ぐ事になりますよ。
引用と出典は意味が違います。
まとめサイトはキュレーションではありません!
メディアやブロガーの皆さんも、正確に表記しましょう。

日本の風土:ブラック企業

電通の風土と言うより、日本の風土。
日本でよくある部落社会、規模が大きいから洗練されているとは限らない。
アメリカの差別宜しく、日本の根性論は今も健在!
日本人の美徳は幻想。
8時から仕事なら、8時から作業を開始するのが時間にきちんとしている人。
当然、仕事の準備・朝礼も作業の内。

「在るがまま」を受け入れる

在るがままに生きるとは、自分はこの程度、と言う事を自ら理解し受け入れる事。
そうすれば、自分を大きく見せたり、着飾る必要もない。
足りない部分は、自分の努力により習得し、自分なりに洗練していけば良い。
年齢と共に自然と身に付くものではありません。
自分の在るがままを他人に押し付けるのは…「我がまま」。

水道管の凍結防止

水をポタポタ出しておくと、凍結しません。
凍結防止をネタに、温暖な地域の方々に物品を買わせようとする、政府・公務員の策略に乗ってはいけません!
北の国より。